よくある質問と回答

【法律相談について】

Q 法律相談をしたいのですがどのようなものがありますか。

A 簡易電話相談、メール相談、ご来所の相談がございます。

 

Q 簡易電話相談ではどのような相談ですか。

A 5分程度の簡単な内容について可能な範囲でご回答致します。

 

Q メール相談とはどのような相談ですか。

A お電話での回答が難しい場合に3問程度の質問についてご回答致します。

 

Q 法律相談を予約したい場合はどのようにしたらよいですか。

A 営業時間内にお電話いただくかお問い合わせフォームからご予約いただけます。

 

Q 依頼をするかまだわからないですが法律相談はできますか。

A 可能です。依頼を勧めることはしませんのでご安心ください。

 

Q 東京以外からの相談も可能ですか。

A 可能です。今まで九州や東北、関西等の東京以外にお住いの方からのご相談をお受けしたことがございます。

 

Q 海外に在住していますが相談はできますか。

A 可能です。もっとも、一度もお会いしないままご依頼をいただくことはできないため、一度は出張相談または弊所での面談をお願いしております。

 

Q 自宅での相談をしたいのですができますか。

A 可能です。別途出張料が発生いたしますが、出張相談も可能です。

 

Q 法律相談にあたってはどのような準備をしたらよいでしょうか。

A 時系列を事前に整理していただくと、短い時間の中でより正確な回答が可能になります。

 

【費用について】

Q 法律相談料はどれくらいですか。

A メール相談及び簡易電話相談は無料相談となっております。面談でのご相談は初回30分は無料になっており、30分以降は30分5400円(税別)です。

 

Q 弁護士費用について教えてください。

A ご依頼いただく場合は、弁護士費用として、着手金、報酬金、実費が発生いたします。事件の内容によっては、書面作成料のみの場合もございます。

 

Q 着手金と報酬金とは何ですか。

A 着手金とは、事件に着手するときに発生する費用です。報酬金は事件が終了し、ご依頼者様に利益が生じた際に発生する費用になります。

 

Q 実費はどのようなものがありますか。

A 事件の種類によっても異なりますが、一例として郵便費用、交通費、訴訟提起時の収入印紙、戸籍等取得費用(小為替)になります。

 

Q 着手金や報酬金はいつ支払いますか。

A 着手金については、ご契約と同時にご請求書をお出ししておりますので、御請求書発行後にお支払いをお願いしております。報酬金については事件が終了した後にお支払いをお願いしております。

 

Q 裁判所に行ってもらうたびに費用が発生するのですか。

A 日当は発生しませんので、行くたびに費用は発生しません。但し、遠方の裁判所に裁判に出廷する場合は、日当が発生する場合もございます。

 

Q 依頼をする前に見積を出していただくことは可能ですか。

A 見積は可能ですので、お気軽におっしゃってください。

 

Q 分割払いは可能ですか。

A 状況によっては可能ですので、ご相談の際におっしゃってください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー